軽車両と歩行者扱いとの境目は?電動アシスト付きベビーカー



Myo Tronic ピンク
YouTubeより

経済産業省のプレスリリースにより、「軽車両」かと話題の電動アシスト付きベビーカー。

そもそも電動アシスト付きベビーカーとはどのようなものでしょうか。

スタイリッシュでおしゃれな電動アシスト付きベビーカー

経済産業省は2017年9月7日「電動アシスト付ベビーカーに関する道路交通法及び道路運送車両法の取扱いが明確になりました」というプレスリリースを発表しました。

同プレスリリースは、条件を満たした6人乗りの電動アシスト付ベビーカーを「軽車両」とするというものだったのですが、電動アシスト付ベビーカー全体が「軽車両」となると誤って伝えられ、騒動となりました。

一般の電動アシスト付ベビーカーは、車体の長さ120センチメートル、幅70センチメートル、高さ109センチメートル、時速6キロメートルをそれぞれ超えないなどの条件を満たさなければ、「軽車両」とはならないでしょう。

Myo Tronic ピンク
YouTubeより

スタイリッシュでおしゃれな電動アシスト付きベビーカーとして、人気なのが「Myo Tronic」です。

サイズは、幅59×奥行107×高さ105cmですので、「軽車両」には該当しません。

カラーバリエーションには、ピンク、ブルー、グリーンがあります。

4段階の速度調節が可能で、充電式バッテリーで動きます。

対面式にすることもできます。

Myo Tronic 折りたたみ
YouTubeより

動画を見た人からは、

  • 一人乗りの電動アシスト付きベビーカーってあるのか
  • これを買える人はすごい
  • 電動アシスト付きベビーカーの決定版だ

など、Myo Tronicのスペックに驚くようなコメントが寄せられています。

デザインのスタイリッシュさや機能は、値段に見合うだけあります。

Myo Tronicがあれば、坂道や急な傾斜のスロープでもラクラク進むことができますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

面白さを5段階で評価しよう!

12345 (合計: 1, 平均: 4.00)
読み込み中...