ギャップが意外!やっぱりチーターは大きなネコだった



猫にそっくり!撫でられて気持ち良さそうなチーター
YouTubeより

あの獰猛なチーターが、イメージに似合わず、体を撫でられ猫のように喉を鳴らす動画です。

目を細めて気持ち良さそうに喉を鳴らす、チーターの表情にご注目ください。

体を撫でると喉を鳴らすチーターたち

外国の動物園。横たわっているチーターを撫でると、チーターがネコのように喉を鳴らす様子が収められています。

精悍で獰猛そうな顔や体つき、筋肉を見れば、獲物を追送するとき、最高時速60キロメートルに達すると言われるのも頷けますが、やっぱりネコ科の一種であると感じられます。

猫にそっくり!撫でられて気持ち良さそうなチーター
YouTubeより

人間を安心しきって、目を細めて気持ちよさそうに喉を鳴らしています。もっと撫でてほしいと催促しているようです。

動画を見た人からは、

  • チーターにハグして、顔を埋めたい
  • やっぱり基本はネコなんだ、ただ大きいだけ
  • 喉を鳴らす声がモーター音みたい

など、意外なかわいさに幸せになっている方も多くいるようです。

チーターがネコ科であることがよく分かる映像ですが、喉を鳴らす声がちょっと大きく、若干の怖さもありますね。

猫と違い、喉を鳴らす声が大きく若干怖い…
YouTubeより

アフリカやイランなどに生息し、最高時速60キロメートで獲物を追いかける肉食獣のチーター。

獰猛で精悍な顔つき、もりもりの筋肉を見ると恐さを覚えますが、そんなチーターも体を撫でられて喉を鳴らす様子を見れば、基本的なところはネコだったというのがよく分かりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

面白さを5段階で評価しよう!

12345 (合計: 1, 平均: 4.00)
読み込み中...