信じられる?リアルに車を運転する犬がイギリスにいた!



真剣に運転の練習をする犬
YouTubeより

とあるレース場。動物虐待防止協会のキャンペーンで、なんと犬が車の運転にチャレンジし、その聡明さをアピールしています。

運転中、真剣そのものの犬の表情にご注目!

車の運転にチャレンジする犬

動物虐待防止協会のキャンペーン。同会は1824年、イギリスではじめて組織されました。

当初は馬車馬の虐待を防ぐために活動し、馬車馬業に関する法律を通過させることに貢献しました。その後、犬など他の動物にも活動を広げ、同会の組織も世界中に広まっていきました。

2006年には、国際動物虐待防止協会が創設されています。

動画では、保護された犬が車の運転にチャレンジし、聡明さをアピールして里親探しに活かそうとします。練習は真剣そのものです。

真剣に運転の練習をする犬
YouTubeより

レース場では実際に車を走らせ、職員の指示に合わせてハンドルを切ってコーナーを曲がっていきます。

動画を見た人からは、

  • 次の動画は「英語を教えてドライブスルーで食べ物を買ってもらう」でしょう
  • 人より運転が上手いかも
  • 飲んで帰るとき、車で送ってもらうため、うちの犬に運転を覚えさせたい

など、好意的なコメントが寄せられています。運転する様子が予想以上にしっかりしていて、改めて犬の聡明さがわかりますね。

運転する表情は真剣そのもの
YouTubeより

人間の都合によって捨てられたり、虐待を受けたりして保護される犬たちは、残念ながら少なくありません。

安心できる家を求める犬たちの、必死のアピールが伝わってくる動画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

面白さを5段階で評価しよう!

12345 (合計: 1, 平均: 4.00)
読み込み中...